ドメインスコープ 機能一覧


主な機能


①Mozの評価値取得

Mozのドメイン評価値であるDA・PAと、スパムスコアの値を取得します。
DA・PAの数値が高く、スパムスコアが低いものが狙い目です。
エイチレフスの評価値が高くてもMozの評価が低い場合や、その逆もあり得ます。
可能であれば、Mozとエイチレフスの両方が高い数値のドメインを目指しましょう。






②エイチレフスの評価値取得

エイチレフスのドメイン評価値であるDR・URにドメインスコープ独自の重みづけをした、DsRとUsRをを取得します。
DsRとUsRの数値が高いものが狙い目です。
但し、DsRは被リンクの多さや強さにより高くなる傾向にありますので、不正なリンク操作で数値を上げている場合もあります。
そのため、DsRとUsRの数値のバランスや、Mozの評価も加味して総合的にバランス良く高い数値のドメインがオススメです。






③参照ドメイン・被リンク数取得

エイチレフスのドメイン評価値であるDR・URにドメインスコープ独自の重みづけをした、DsRとUsRをを取得します。
被リンクを受けているドメイン数やリンク数を取得します。
同時にNofollowではない、有効ドメイン・有効被リンクも取得しています。
可能であれば参照ドメインのうち、有効ドメインの割合が高いものが良いでしょう。
また、有効リンクに関しても、有効ドメインの10倍程度に収まるものがオススメです。






④政府機関と教育機関からの被リンクを確認できる

政府機関や教育機関からの被リンク数も取得しています。
ドメイン評価が高く、政府機関からの被リンクを受けているものがあれば大チャンスです!
但し、政府機関から被リンクがあっても、ドメイン評価が低ければ価値は低いです。
全体的な評価のバランスも加味しましょう。






⑤政府機関と教育機関からの被リンクを確認できる

ドメイン調査した結果から詳細画面を開くと、そのドメインの被リンクを閲覧することができます。
(プランにより表示数に違いあり)

良い被リンクを受けているかの判断に役立ちます。
wikiなどから被リンクを受けているものなどがオススメです。






⑥抽出結果検索機能

調査した結果一覧表の特定の条件で抽出表示することが可能です。
有効ドメイン数が10以上や、スパムスコアが30未満など、独自の条件を満たすものだけを表示するこことができます。






⑦SVダウンロード機能

ドメイン調査した結果をCSVファイルでダウンロードできます。
出力したファイルを加工して利用したり、履歴として保存したり自由に活用ください。






⑧過去運営履歴チェック機能能

ドメインスコープはWayBachkMachineより過去のアーカイブ情報を取得しています。
過去にどのようなサイトを運営していたのかや、リダイレクトが掛かっているのかなどを調べるのに役立ちます。






⑨index有無チェック機能

検索結果のドメイン名や詳細画面のindexをクリックすることで、そのドメインにindexが残っているかどうかをチェックすることができます。
indexが残っていれば、Googleの手動ペナルティを受けていないという証拠になりますので、まずはindexの有無を真っ先にチェックしましょう。






プラン別機能一覧


ご契約プランにより検索数や表示数が異なります。
下記の一覧表より件数をご確認ください。



機能等 ミニ スタンダード エキスパート
moz評価表示
スパムスコア表示
エイチレフス評価表示
参照ドメイン・被リンク数表示
政府機関・教育機関リンク表示
過去運営履歴表示
抽出データ並び替え
抽出データ検索条件表示
CSVダウンロード
1日検索数 20 100 300
月額検索数 600 3000 9000
被リンク表示数 上位5位 上位10位 上位15位
月額使用料(税込み) 2,500円 5,000円 10,000円



登録は下記のフォームへお進みください

登録フォーム



質問等がございましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

お問い合わせ